くだらないことばかり・・・・????
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
PCTOOLひびこうかい
hikaru~毎日がスペ...
天使撲滅ごっこ
多事論争 neXt
◆gamba-lamba◆
ものぐさ看護師
ただ今、修行中
日刊ドリンク ~Dail...
ブログの玉手箱
きゃらめる日記
みんなのぐり。 と、その...
旅のスケッチブック
下弦の月
B型ですが、何か?
One lazy day
月夜にワイン
Priority Sup...
雀屋だらだらday's
珈琲日記
デジカメ散歩写真
fluff log
ロンロン&ドンキーワールド
人間らしく生きたい「日記」
ブログ スローライフで歩こう
i:kust:i
∞ユメマボロシ∞
戯言リリカルデイズ。
きょうされん長崎支部ニュース
きまぐれの詩
いんぷれび
つれづれなるままに
ちぇきの食い意地と誤字
ちょっとちょっと京遊人
吐息・・・
ここで笑わんと、どこで笑...
三十代独身男の戯言
京女のいけず日記、改めい...
せな日記 野球編
三浦市の ハーイ! 2代...
ふうせんにつかまってーーーー
ふわふわ。
長嶋教(狂)の野球論
ひろしの作業所日記
ならっぷ日記
短調亭日乗〆老いぼれ日記
このき なんのき かさいみき
宇宙規模で交換日記
はなxはな日和
ナースのたまご
橋下徹のLawyer’s...
ミュージック本舗   b...
まんぷく日記
ベンジーをたずねて何千里?
ひる坊主・家庭料理の店
漂流生活的看護記録
悪魔の視点-ちょっと目の...
手ぬ記で息ぬ記
一渇・・・・
ラブラブ介護
おまけ猫たちとの日常
★「Can't stop...
文字を楽しむ
バカ夫観察日記
日本語学校の楽しい?日々
大岩先生のひとりごと
富山国際学院の写真館
日本語教師・奥村隆信 ひ...
963-7837
コハダの新子
ぇもヤンσΘ々精一杯t=”ぁ
2つの道
Keep My Pace
ジャイアンツ応援非公式倶...
モモちゃんの作業所日記
18歳。
ふうせんにつかまって2・...
Photo Birthday
きょうも・あしたも・あさっても
ゆめたろう日記
よっしーの日記
散歩日和
犬を動物学から見たら?
基本、好きです
40゜&Yoo
つれづれブログ
ひと言アジアン
「絶対に疑い得ないもの」...
在心日誌
イラストノート
わたしゃお気楽さらり~ま...
メモ帳

   ↑お金のかからない「募金」お願いします。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:なんじゃ、こりゃぁ~( 86 )
いぎありぃ・・・・


 [台北 23日 ロイター] 台湾の台北にこのほど、病院をテーマにしたレストランがお目見えした。客はメニューから「薬」を選んで注文するが、飲み物は天井から下がった点滴容器などを通じてグラスに注がれる。
 店内には130座席が用意され、看護婦姿のウェートレスとの会話が楽しめるほか、週末夜にはダンサーによるショーも催されるという。
 また最大10人掛けのベッド風テーブルが置かれているほか、壁には松葉づえがかかり、ロビーには車椅子も用意されている。さらに、トイレの案内には「救急処置室」と表示する徹底ぶり。
 台湾で病院をテーマにしたレストランは初めてという。

a0063545_173723.jpg


意義あり!!!

① ハイソックスはいけません。(あくまで・白のストッキング)

② スニーカーもダメです、「ナースシューズ(サンダル)」じゃなきゃあ!!!

③ 『白衣』です。

④ 聴診器くらい・・・かけてほしいですね。(かけているようにも・・みえますね)

⑤ カルテを持っていない(注文用)

このあたりまで、『こだわらないと』 ね。
[PR]
どうすんのよ・・・
世界最大のコーヒーでギネスに挑戦 パナマ
「一杯のコーヒー」の大きさでギネスに挑んだ (ロイター/Alberto Lowe)

a0063545_914628.jpg


[パナマシティ 2日 ロイター] パナマのコーヒー業界トップ企業が、巨大なマグカップに750ガロン (2840リットル) のコーヒーをいれて、「一杯のコーヒー」の大きさで世界記録を更新した。

カフェ・デュラン社は136キロのアラビカ・コーヒー豆を用い、大きさ1.44×2.7メートルのカップを4時間かけていっぱいにした。

人々の大喝采、花火、音楽の生演奏のなか、リカルド・デュラン社長は、「私たちは本当に興奮しています。パナマはやりました!」と言った。

同社は今月中に、ギネス世界記録に記録認定のための申請を行う。現在の世界記録は、1994年にニューヨークでいれられた660ガロンだ。

今回の試みは、パナマの小さいが成長中のコーヒー産業への注目を集めようと企画された。

パナマシティ市民のイルマ・カスティロさんは、計画達成後に無料で提供されたコーヒーをすすりながら、「それに、コーヒーは実際とてもおいしいです」と言った。



コーヒーは「ブラック」をよく飲みます

缶コーヒーですけどね

昔は・・・20代前半は「喫茶店」へ行き・・・

ぼぉ・・・・・・・・・・・・・っと、している時がありました。

そこは、映画音楽が流れていました・・・・

「ポールモーリア」を好んでマスターがレコードをかけていました

「有線」ではありませんでした・・・・

しかし、このマスター「フォークソング」も好きだったんです

当時40代半ばだったでしょうか・・・・・・

拓郎・陽水をはじめ・・・ボブディランなどの海外のも・・・・

お客からの「リクエスト」があれば・・・・

他の客の「了解後」に掛けていたんです・・・・・・・・

Moreきょうは・・・
[PR]
占いです・・・

 おもしろい「うらない」みつけましたよ

 

More結果は
[PR]
さすが・・・政治家・・・

1本・・5000円

1本・・5000円とも・・・6000円とも言っています。それも500mlですよ・・・

まっ、政治家は「儲かるでしょうから」・・・買えるんですよね。

しかし・・・・この話・・・まだまだ・・・・ですよね。
[PR]
前線に・・・異変有り

 桜「開花予想」ですが・・・・

 九州は・・・北部から・・・南下します・・(なんか・・・へんでしょ???


a0063545_16143044.jpg

[PR]
たけぇ・・・・・
費用は約1000万円。
a0063545_8304894.jpg

[PR]
2億8000万円で落札
2億8000万円で落札


a0063545_1144228.jpg



「なんのこっちゃ???」でしょうね・・・・

「Mr」や「ワンちゃん」は・・・・どのくらいなんでしょうね・・・

「松井」も気になります・・・・

More野球カードのモナリザ」、
[PR]
なんでしょう・・・・・か???!!!
a0063545_8505153.jpg


♪♪くもにのりた~い・・・さわやかなくもにぃ~♪、むかし【大昔】流行ました・・・・ねぇ

乗ることも・歩くことも「不可能」なんですが・・・・・


ジツハ・・・・あるらしいのです。

「え~んこ(塩湖)・ここまで来たんだから、だまされたと思って・・・・・」

下をクリック

More雲の上を歩ける
[PR]
せかい・・・・・・・・・・・・・・・・一????

a0063545_1552767.jpg


世界最高齢のお祝いに手を合わせ、「ありがと、サンキュ」といつものポーズ=福岡県福智町で1月30日、林田雅浩撮影

 先月末、英ギネスブックの世界最高齢に福岡県福智町に住む114歳の皆川ヨ子(よね)さんが認定された。日本人が最長寿になったのは3年ぶり。周囲から「かわいいおばあちゃん」と愛される存在だが、苦労続きの人生をたくましく生き抜いた明治女でもある。【林田雅浩】
 「最高齢確定」が伝えられた同日午前。ヨ子さんが5年前から暮らす老人ホーム「慶寿園」で祝賀会が開かれた。職員がスケッチブックにひらがなを書いて示すと、ヨ子さんは指でなぞりながら「せ・か・い・い・ち……」と声に出し、「ほう。なしかね(なぜなの)」と一言。とぼけた表情だったが、入所者や職員がバンザイを始めると、つられたように小さくバンザイ。続く大きな拍手に、口癖の「ありがと、サンキュ」と小さな声で答え、ほほ笑んだ。
 皆川さんは毛沢東と同じ、日清戦争開戦前年の1893(明治26)年生まれ。40代で夫を亡くし、小さな田畑を耕すかたわら、育てた野菜や花をリヤカーに乗せ、数キロ離れた炭住街まで行商しながら5人の子を育て上げた。現在、孫7人にひ孫12人、やしゃごも2人いる。
 施設に入ってからは足腰が弱り、週に数回、車椅子で散歩したり、音楽レクリエーションに参加するほかは、ほとんどがベッドの生活。それでもレクに参加すると他の入所者から「ヨ子ちゃんが来た」と声が上がる人気者だ。仲のいい前谷シズヱさん(82)は「悪口は絶対に言わない、朗らかな人。かがみにして長生きしたいねー」。
 頑固な面もある。ミキサー食中心の食事だが、決して介助させようとせず、自分でスプーンを握る。誕生会などで派手な服を着せようとすれば「こんな年寄りに何するかね」と嫌がるし、体調が悪い時は「きつい」と人前に出たがらない。
    *
 107歳まで過ごした自宅は、400年の伝統がある陶芸上野(あがの)焼で知られる同町上野の常福地区にある。静かな山すその25戸の集落に90歳以上が5人もいる「長寿の村」だ。
 「あの人は朝から晩まで働いていた。しんの強い人だ」と話すのはヨ子さん宅の隣に住む世良政敏さん(91)。80歳を過ぎてからも息子のナシ園で農作業をしていたそうだ。「若いころに子供を2人亡くして、つらかったと思うが気丈だった。生活も苦しかったろうに愚痴一つ言わず、えらいと思う」と感心していた。

a0063545_15523372.jpg


2007年2月8日、銅とステンレスで作られた大鍋が四川省成都市の文殊坊に届き、通行人の注目を浴びた。
1月26日に重慶市を出発し運ばれてきたこの大鍋は、直径12m、高さ4m、重さ16tという巨大なサイズで、「中華第一大火鍋」と名づけられた。普通の鍋の60個分にあたり、60人が周りを囲んでやっと一周できる大きさだという。

2月16日の中国正月祭りでは、この鍋を使った初料理が振舞われる予定になっている。調理を担当する15人の料理人は、早速食材の準備を始めたが、スープ1.5tとトウガラシ2tが必要ということで大慌てで調達中だという。

今までは重慶市の「天下第一鍋」が世界一の大鍋であったが、その大きさを超えたこの「中華第一大火鍋」。現在ギネスブックに登録申請中とのことだ。

More感想・・・・
[PR]
うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・・・・・・・・・・・
a0063545_1638194.jpg


ウエイトリフティングの・・・・・・・

見えますよね、、、、、ね!!!!!

???????・・・・・・そんなわけないでしょ・・・・

こたえ・・・は
[PR]