くだらないことばかり・・・・????
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
PCTOOLひびこうかい
hikaru~毎日がスペ...
天使撲滅ごっこ
多事論争 neXt
◆gamba-lamba◆
ものぐさ看護師
ただ今、修行中
日刊ドリンク ~Dail...
ブログの玉手箱
きゃらめる日記
みんなのぐり。 と、その...
旅のスケッチブック
下弦の月
B型ですが、何か?
One lazy day
月夜にワイン
Priority Sup...
雀屋だらだらday's
珈琲日記
デジカメ散歩写真
fluff log
ロンロン&ドンキーワールド
人間らしく生きたい「日記」
ブログ スローライフで歩こう
i:kust:i
∞ユメマボロシ∞
戯言リリカルデイズ。
きょうされん長崎支部ニュース
きまぐれの詩
いんぷれび
つれづれなるままに
ちぇきの食い意地と誤字
ちょっとちょっと京遊人
吐息・・・
ここで笑わんと、どこで笑...
三十代独身男の戯言
京女のいけず日記、改めい...
せな日記 野球編
三浦市の ハーイ! 2代...
ふうせんにつかまってーーーー
ふわふわ。
長嶋教(狂)の野球論
ひろしの作業所日記
ならっぷ日記
短調亭日乗〆老いぼれ日記
このき なんのき かさいみき
宇宙規模で交換日記
はなxはな日和
ナースのたまご
橋下徹のLawyer’s...
ミュージック本舗   b...
まんぷく日記
ベンジーをたずねて何千里?
ひる坊主・家庭料理の店
漂流生活的看護記録
悪魔の視点-ちょっと目の...
手ぬ記で息ぬ記
一渇・・・・
ラブラブ介護
おまけ猫たちとの日常
★「Can't stop...
文字を楽しむ
バカ夫観察日記
日本語学校の楽しい?日々
大岩先生のひとりごと
富山国際学院の写真館
日本語教師・奥村隆信 ひ...
963-7837
コハダの新子
ぇもヤンσΘ々精一杯t=”ぁ
2つの道
Keep My Pace
ジャイアンツ応援非公式倶...
モモちゃんの作業所日記
18歳。
ふうせんにつかまって2・...
Photo Birthday
きょうも・あしたも・あさっても
ゆめたろう日記
よっしーの日記
散歩日和
犬を動物学から見たら?
基本、好きです
40゜&Yoo
つれづれブログ
ひと言アジアン
「絶対に疑い得ないもの」...
在心日誌
イラストノート
わたしゃお気楽さらり~ま...
メモ帳

   ↑お金のかからない「募金」お願いします。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ふぅ・・・・・・・・・・ん
 TBS系情報番組「ピンポン!」の外部プロダクションディレクターが、“ハニカミ王子”こと石川遼選手(15)の声を盗聴するため、関東アマゴルフ選手権で同組の選手にピンマイクの装着を依頼していたことが6日、分かった。司会者の福澤朗フリーアナ(43)は番組内で「身の振りよう、番組の責任の取り方を考えています」と“降板”も示唆。同局の井上弘社長(67)は定例会見で「一言で言えばバッカじゃないかという感じ」と同ディレクターを痛烈批判したが、局自体の報道姿勢についての謝罪はなかった。

 「心から、心からおわび申し上げます」。「あまりにも非常識な当番組の暴挙であります」。相次ぐ謝罪の言葉。そこに、いつもの自信に満ちあふれた福澤アナの姿はない。


 石川選手の同伴選手にピンマイクの装着を依頼するという番組スタッフが犯した過ちに、「今の気持ちを率直に言うと一番信頼していた友人に裏切られたという気持ちです」と視聴者に訴えた。途中、こらえきれず涙声になる一幕も。同局の木村郁美アナ(34)に画面が切り替わった後も、隣に立つ福澤アナの鼻をすする音や嗚咽がもれる音が聞こえた。


 17年6月に日テレからフリーになった福澤にとって「ピンポン!」は、初の昼帯レギュラーであり、早稲田中学、早稲田高校で卓球部に所属していたことが番組タイトルの由来にもなっており、福澤の無念、悔しさも相当なもの。この日の謝罪の中で「ぼくはこの番組の総合司会者です。総合司会者は当然総合責任者という意味も背負うわけです」とし、「ぼく自身の処分、身のふりよう、番組としての責任を考えている」と降板をにおわせる発言もあった。


 石川真実編成局長は、放送での福澤アナの様子、発言について、「感情が高まっていたようだ。信頼していたスタッフへの叱咤激励と受け取っています。前日にゴルフ場のマナーについて自分が話していただけに、なおさら、感情的にもなったのでしょう」との見解を示した。また、現時点で、福澤アナからは、降板の意思表示などは「ありません」とした。


 今年1月、捏造問題が発覚した関西テレビ「発掘!あるある大事典II」は打ち切り。その後、テレビ界への風当たりは強くなっているだけに、“最悪のケース”も考えられる。




「ルール違反」は、認識しているのですから

愚かな、ことをしたものです
[PR]
by tomonaoyoshi3 | 2007-06-07 09:56 | ヒトリごと