くだらないことばかり・・・・????
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
PCTOOLひびこうかい
hikaru~毎日がスペ...
天使撲滅ごっこ
多事論争 neXt
◆gamba-lamba◆
ものぐさ看護師
ただ今、修行中
日刊ドリンク ~Dail...
ブログの玉手箱
きゃらめる日記
みんなのぐり。 と、その...
旅のスケッチブック
下弦の月
B型ですが、何か?
One lazy day
月夜にワイン
Priority Sup...
雀屋だらだらday's
珈琲日記
デジカメ散歩写真
fluff log
ロンロン&ドンキーワールド
人間らしく生きたい「日記」
ブログ スローライフで歩こう
i:kust:i
∞ユメマボロシ∞
戯言リリカルデイズ。
きょうされん長崎支部ニュース
きまぐれの詩
いんぷれび
つれづれなるままに
ちぇきの食い意地と誤字
ちょっとちょっと京遊人
吐息・・・
ここで笑わんと、どこで笑...
三十代独身男の戯言
京女のいけず日記、改めい...
せな日記 野球編
三浦市の ハーイ! 2代...
ふうせんにつかまってーーーー
ふわふわ。
長嶋教(狂)の野球論
ひろしの作業所日記
ならっぷ日記
短調亭日乗〆老いぼれ日記
このき なんのき かさいみき
宇宙規模で交換日記
はなxはな日和
ナースのたまご
橋下徹のLawyer’s...
ミュージック本舗   b...
まんぷく日記
ベンジーをたずねて何千里?
ひる坊主・家庭料理の店
漂流生活的看護記録
悪魔の視点-ちょっと目の...
手ぬ記で息ぬ記
一渇・・・・
ラブラブ介護
おまけ猫たちとの日常
★「Can't stop...
文字を楽しむ
バカ夫観察日記
日本語学校の楽しい?日々
大岩先生のひとりごと
富山国際学院の写真館
日本語教師・奥村隆信 ひ...
963-7837
コハダの新子
ぇもヤンσΘ々精一杯t=”ぁ
2つの道
Keep My Pace
ジャイアンツ応援非公式倶...
モモちゃんの作業所日記
18歳。
ふうせんにつかまって2・...
Photo Birthday
きょうも・あしたも・あさっても
ゆめたろう日記
よっしーの日記
散歩日和
犬を動物学から見たら?
基本、好きです
40゜&Yoo
つれづれブログ
ひと言アジアン
「絶対に疑い得ないもの」...
在心日誌
イラストノート
わたしゃお気楽さらり~ま...
メモ帳

   ↑お金のかからない「募金」お願いします。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そう言えば・・・・

 最近「半ズボン」あまり見かけませんね・・・

 しかし、「冬」でも・・・

・・・・・・・・・・たまぁ・・・・・・に、【半ズボン】を見かけることがあります

 ・・・暖冬のせいでしょうか・・・・・・・・

 私は、補そう具→義足、でしたから、半ズボンははいた事がありません



 



ズボンを選ぶ親子。「今や半ズボンといえば、この丈だと思っている子も多いでしょうね」と西松屋チェーンの田中雅彦課長=埼玉県草加市(撮影・津川綾子)
 半ズボン姿の男の子がいなくなった。制服のある小学校の半ズボン丈も長くなっているという。子供ファッションのトレンドの変化か。半ズボンを敬遠する理由は何か。子供服関係者に聞いた。(津川綾子)

 「一昔前まで多く見られた、また下3センチ丈の半ズボンは『半パン』『ピタパン』と呼ばれ、いかにも活発で、きりっと男の子らしくもあり、あどけなさを感じさせるものでした」と子供のファッション誌「セサミ」の堀田瑞枝総編集長。

 しかし、ファッション誌を読み慣れた女性が母親になったころから、「子供服でも個性やセンス、かっこよさが重要となり、求めるものが(わんぱくな男の子らしさから)変わっていきました」(堀田さん)。

 いまどきのママのニーズを確かめようと、子供服店「西松屋チェーン 草加新栄店」(埼玉県草加市)を訪ねた。男児のズボン売り場に、また下3センチの半ズボンはなく、スポーティーなスエット地やデニム素材の長ズボンや、ひざあたりまである「グルカ丈」のズボンがずらり。5歳の息子がいるという草加市の主婦、山本和美さん(38)は「スポーティーで格好いい長めの丈を選びます。半ズボンがあっても買わないでしょうね。何となく昔の子みたいで恥ずかしい」と話した。

 半ズボンが消えたのはいつごろか。「平成5年には店頭からなくなりました」と、西松屋チェーン関東ゾーンマネジャーの田中雅彦課長(44)。「平成元年ごろの男児向けの品ぞろえは、半ズボンと、ひざ丈とが半々でした。しかしその後、ヒップホップ音楽や、サッカーやバスケットボールの漫画が子供たちに人気となり、その影響でハーフパンツの注目度が高まりました」

 ファッション感度の高い読者を持つ「セサミ」の堀田総編集長は“転換期”をもう少しさかのぼる。昭和の終わりごろに、「アルマーニ」や「バーバリー」などの高感度な子供服が日本に上陸し、バブル期に広がった影響が大きいと指摘する。これらの欧米ブランドでは丈が長めのパンツ(ズボン)が主流だ。

 子供服ブランド「papp」でも平成元年ごろから半ズボンをほとんど扱っていないという。「丈が長いほうがファッション性を表現しやすい」と小林龍介事業部長は話す。

 半ズボンが消えゆくなか、テレビアニメ「サザエさん」のカツオだけは相変わらず半ズボン姿だ。そのサザエさんの舞台となった街、東京都世田谷区桜新町に行くと、あのまた下3センチズボンを着用する小学1年の男児に出会った。ただし私立小学校の制服。かたわらにいた母親は「冬だと寒いし、下着も見えそうで…。もう少し長いといいのですが」と不満を漏らした。

 ところが学校制服の世界でも数年前から、半ズボンの淘汰(とうた)が進んでいるという。

 制服メーカーの尾崎商事(岡山県)では平成12年8月、通常の小学生向け制服用ズボンよりもまた下が3センチ長い、8.5センチの丈長半ズボンを開発。13年から「下着が見えなくて恥ずかしくない」といううたい文句で売り出したところ、今では「丈長が8割、通常の半ズボンが2割」と丈長が主流となっている。

 なぜ丈長にしたのか。「トランクスをはく小学生が増えたからです」と担当者。下着メーカー、グンゼ(大阪市)に問い合わせると、「昭和60年ごろから子供向けトランクスが出始め、それまでの白いブリーフから変わっていった」(広報IR室)。

 昨年の同社の男児の下着購入実態調査(複数回答可)では、ブリーフが49.5%と半数以下に。一方、トランクス(46.0%)とボクサーブリーフ(35.0%)を合わせた“丈長下着”の人気が高まっている。

 消えゆく半ズボン。西松屋チェーンの田中課長がひと言漏らした。

 「昔は冬でも半ズボンが当たり前だった。長ズボンは病弱に見えたものですけれどね…」




半分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0063545_12384876.jpg



秋吉久美子が26歳年下と結婚→離婚→再婚
再婚が分かり照れた笑顔で取材に応じた秋吉久美子
 女優の秋吉久美子(52)が26歳年下の恋人と04年末に入籍し、1年もたたず離婚、さらに昨年2月に再婚していたことが7日、明らかになった。お相手は、前夫との間にできた27歳の長男よりも1歳年下の日系2世の映像クリエーター・Aさん(26)。この日夜、都内で会見した秋吉は「1回目は本能と情熱で、2回目は覚悟を決めてしました。3回目? ない」と笑顔で報告した。

 東京ル・テアトル銀座で上演中の舞台「恋のカーニヴァル~セーヌに咲いた4つの愛の物語~」終了後に開いた緊急会見。一度は別れた相手とよりを戻していた秋吉は、気まずそうな表情で話し始めた。「バレなきゃ、一生バレないままでいようと思った。普通やんないですからね。恥ずかしいと思ってますよ」

 お相手は04年9月に写真誌で路上キスなどが報じられたAさん。秋吉の一目ぼれで交際が始まり、その年の暮れに入籍を果たした。「普通なら理性で考えてしますよね。でも彼は野性的、本能的な人。私もそういうタイプなんで、1回目は本能と情熱で決めました」

 その直後に秋吉の母親のがんがわかった。芸能活動と看病を両立するハードスケジュールの中で、「私もテンぱっちゃって、感情的になっていろいろあった」という2人は1年もたたないうちに離婚。しかし離婚後も「君がやってることは間違いじゃない」とAさんは秋吉を励まし、一緒になって評判のいい病院や医師を探し回ったという。母親は昨年2月に亡くなったが、その直前に再び婚姻届に判を押した。「ずっと精神的にはつながっていた。(2回目は)覚悟を決めました」

 79年、初婚時に長男を産んだ時には「卵で産みたい」という“名言”を残した秋吉。この日も「若い彼といるから若返るってことではないんですよ。すっごい大変です。滝に打たれて修行してるみたい。気が抜けないって感じです。彼も同じだと思いますけど」と独特の言い回しで幸せを表現。50歳を超えてなお、つやっぽさをますベテラン女優は、「3回目は考えてません。子づくり? 何言ってんですか。でもチャンスがあれば」とまんざらでもなさそうだった。

 ◆秋吉 久美子(あきよし・くみこ)1954年7月29日、静岡県生まれ。52歳。1973年に芸能界入り。代表作に「あにいもうと」「異人たちの夏」など。「レッスン」「ひとひらの雪」などでは大胆な脱ぎっぷりも話題を呼んだ。79年3月、作曲家の岩久茂氏と結婚(89年離婚)。同年9月に長男を出産したことから、芸能界の“できちゃった婚”の先駆けになった。

 ◆秋吉久美子に聞く

 ―指輪はありませんね。
「バレなきゃバレないでと思ってましたから。それに(彼も)秋吉久美子の(夫)って周りから思われたら、手かせ足かせになっちゃう。縛りたくないんです」

 ―26歳差は?
「問題はいろいろありますよ。体力的にも。彼は人一倍強いので」

 ―体力的とはどんな時に感じる?
「高尾山に山登りに行ったりして。そういう時も一緒に疲れたふりしてくれたり、励ましてくれたり。心の底から思ってくれてると思います」

 ―息子さんは何と…。
「時々、『お父さん』って呼んでます(笑い)」

 ―どんなところがいいって言われますか?
「…心の美しい人だって」(と言って、両手で顔を覆う)

(2007年2月8日06時03分 スポーツ報知)


 私が10代後半のころ・・・・・ファンでした・・・・

 初代・・・【異性人】とでも言いましょうか・・・・

 独特の、感性が・・・・良いですよね・・・・
[PR]
by tomonaoyoshi3 | 2007-02-08 08:46 | ヒトリごと